画面割れしたiPhone、放置は危険?トラブルが起こる前に修理しましょう

iPhoneの画面割れ

折り畳み式の携帯電話が一般的に普及していたのは随分と前のことです。現代人の大半は、折り畳み式携帯電話の使用をやめ、機器のほぼ全面が液晶画面でできた「スマートフォン」を使用するようになりました。

スマートフォンには「Android」と「iPhone」の2種類があります。AndroidとiPhoneには様々な違いがありますが、その1つとして「画面の薄さ」が挙げられます。iPhoneの画面のガラスは、Androidに比べて薄く設計されています。これは、デザイン性を重視しているためと言われています。

画面のガラスを薄くすることでデザイン性を向上させているiPhone。一方で、画面のガラスが薄いことから「割れやすい」という難点があることも事実です。

iPhoneとAndroidは、どちらも「ゴリラガラス」という傷や衝撃にとても強いガラスを使っています。本来ならばカッターナイフを使っても傷がつかないほどの強度を持っていますが、前述したように薄さを追求しているiPhoneの画面のガラスは、Androidの画面のガラスに比べて衝撃に弱く割れてしまいやすいといわれています。

画面が割れても問題なく使い続けられるiPhoneは、そのままの状態で放置されがちです。中には透明なポリ袋などに入れて使用している方もいます。しかし、画面が割れた状態では、操作をしている最中に指をケガしたり、通話をしている最中には顔や耳をケガする可能性もあります。

ケガだけじゃないiPhoneの画面割れに起因するトラブル

i画面割れで起こるトラブルPhoneの画面割れは、別の不調の原因にもなります。通常、iPhoneはちょっとした雨粒のような水濡れでは故障しません。風呂場に落としたりすると、さすがに故障してしまいますが、例えば雨の中では、多少使用しても壊れないように作られています。しかし、画面が割れていると、ひびの入っている部分から雨水が浸透する可能性があります。ひびからiPhoneの内部にまで水が浸透してしまうと、基盤がショートし、電源がつかなくなるなどの故障に繋がります。

修理を依頼する会社によるものの、基盤に不調が起こった場合、画面が割れただけの場合に比べて、修理に2倍以上の費用がかかると言われています。最悪の場合、修理ができず買い替える必要が生じます。

iPhoneの画面割れの修理にかかる期間は?

修理をするべきとは理解していても、何日もiPhoneを手放すことを不便だと感じ、修理に出すことをためらう方もいます。果たして修理にはどれだけの期間が必要なのでしょうか?

実は、画面が割れているだけでは修理にかかる時間はそれほど長くありません。修理を依頼する店舗によっては、1日もかからずに済む場合もあります。例えば、渋谷区神南にあるiPhone修理店のアイテックでは、最短10分で修理が完了します。渋谷ならたくさんの商業施設がたくさんあるので、ショッピングを楽しみながら修理が終わるまでの時間を待つことができます。

修理が完了するまでのスピードが早いアイテックは、万が一基盤が故障した場合の修理にも対応しています。しかし、修理にかかる費用が高額になることや、画面割れに比べて時間も長くかかることを考えると、基盤が故障する前に、早めの修理を依頼することをおすすめします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL