企業ホームページ制作時は、依頼前に「イメージ」を固めておきましょう

企業ホームページのイメージ

インターネットが広く普及した昨今、企業が自社のホームページを持つことはもはや当たり前のこととなってきました。自社のホームページを持つことは、企業の信用を高めることにもつながります。自社の強みや商品の魅力を伝えるカタログのような役割をしたり、オンラインショップによる販路拡大など、企業のホームページは様々な働きを担います。

社内にWEBに特化した人材がいる場合を除き、企業のホームページ制作は、外部の制作会社に依頼する場合が多いと思います。ホームページ制作を制作会社に依頼した場合、決して安くないコストがかかります。完成したホームページを見たら想定していたものと違っていた、といったことがないよう、依頼する前にある程度の完成イメージは自社で持っておくと良いでしょう。

今回は、制作会社にホームページ制作を依頼する前に、決めておくべきことをお伝えします。以下のようなことを抑えておくと、ホームページ制作がスムーズに進みますよ。

「なんのためのホームページなのか」を明確にする

企業ホームページと言っても、その役割は様々です。企業のイメージや強みを伝えるためのホームページなのか、それともオンラインショップとしての機能も持つホームページなのかによって、制作の手順や予算はまるで変わってきます。ホームページ制作を制作会社に依頼する際は、「なんのためのホームページなのか」を明確にしておく必要があります。

ホームページのイメージをある程度固めておく

ホームページのイメージをある程度固めておくホームページを制作する際は、ホームページの色味やイメージなどを固めておくのがおすすめです。最低でも「公共性のある整然としたホームページ」なのか「トレンド感のあるポップなホームページ」なのかは決めておくと良いでしょう。

ホームページの制作会社は非常にたくさんあり、あまり知識がない方にとっては、違いがわかりにくいかもしれません。実は、ホームページの制作会社によって得意、不得意があり、「相性の良いホームページのジャンル」があるのです。どんなホームページにするのかを事前に決めておくと、適切な制作会社を選びやすくなります。

例えば、オフィシャル感の強いホームページを作りたい場合は、公共機関や医療関係のホームページの制作実績が豊富な制作会社に依頼すると良いでしょう。そのような制作会社は、普遍的で万人受けするようなデザイン、機能を持ったホームページ制作を得意としている場合が多いからです。

反対に、トレンド感やポップさを前面に出したホームページを作りたいのなら、テレビ番組や飲食店、アパレルブランドなどのホームページをよく制作しているところに依頼するのがおすすめです。墨田区にあるホームページ制作会社「シマヲ(https://www.shimao.co.jp/)」などは、そのような制作会社の良い例です。こちらの制作会社は、バラエティ番組の公式ホームページの制作実績が非常に豊富です。ほかにもフード関連のイベントや企業ホームページの制作も行っており、トレンド感のあるホームページの制作を得意としています。

ホームページは、企業のブランディングやマーケティングなどに大変便利です。一方で、企業のコンセプトからかけ離れたホームページを持ってしまうと、顧客や取引先などに誤ったイメージを与えてしまうかもしれません。こうしたことを防ぐためにも、最低限完成イメージを持っておく必要があります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL