SNS動画マーケティングを効果的に行う方法とは?

SNS動画マーケティング

今や現代人にとって欠かせないものの1つとも言えるスマートフォン。

スマートフォンが普及した近年、多くの人が何かしらのSNSを利用しています。それに伴い、SNSを活用した動画広告に注力する企業が大変増えています。

SNSを活用した動画広告が注目される理由は?

SNSを活用した動画広告は、これまで一般的だったテレビCMや雑誌の広告などとは異なる特性を持っています。

まず最も大きな違いは、ユーザーに合わせた広告を表示させることが出来るという点です。ユーザーの検索履歴や閲覧履歴などをもとに、ユーザーの興味に近い広告を表示させることが出来るので、非常に高い効果達成率を期待できます。

SNSを活用した動画広告には、もう1つ大きな特徴があります。それは、動画を目にしたユーザーがより広く広告を広めてくれる可能性があるということです。いわゆる「バズる」というこの現象により、企業が思っていた以上のマーケティング効果を上げた動画も少なくありません。

このようにSNSを活用した動画広告は、うまく発信すれば非常に高い効果を得ることが出来るのです。

SNSと相性の良い動画広告とは?

SNSにおいて閲覧数や注目度の高い動画を作るためには、いくつかのコツが必要です。ここからは、その具体的なコツについてお伝えします。

・動画の下に表示されるテキストを活用する
SNS向けの動画広告で注目を集めるには、映像だけでなくテキストを合わせて使うことが非常に重要です。

ほとんどのSNSは、動画と一緒にテキストを投稿することができます。動画の内容を要約したテキストを添えることにより、動画を閲覧してもらえる機会を増やすことができるのです。さらに、何のメッセージかわからない「謎かけ」のようなテキストで興味を誘い、動画でその答え合わせをする、というタイプの広告も人気です。そのほか、動画ではあえて直接的なメッセージを抑え、テキストで補足するという使い方もあります。

・「みんなが好き」ではなく「ピンポイントで刺さる」を意識する
テレビCMなどは不特定多数の人の目に触れることが前提であるため、幅広い年齢層や趣向の人に向けて制作されています。一方、SNSの動画広告は、基本的にある程度絞ったターゲットに向けて発信するものです。そのため、「誰からも好まれる動画」より、ターゲットにピンポイントで刺さる動画の方が高い効果を期待できます。

例えば、料理に関心のある女性向けに、レシピ動画を途中まで流す広告などがあります。そのような広告では、流行のレシピ動画風に使う食材や手順なども公開します。作り方を最後まで見たい人は広告の先にあるサイトを閲覧する、というものです。

動画マーケティングの効果は、動画の質に左右される

SNSを活用した動画広告は、時にテレビCMなど以上の効果に繋がることもあります。しかしながら、テレビCMのように「誰の目にも触れる」というものではないため、狙ったターゲットにしっかりと刺さる動画を制作する必要があります。

マーケティング効果の高い動画を制作するなら、各SNSの特性やトレンドをよく理解したプロの制作会社に頼むのが最良とも言えるでしょう。おすすめは、YouTube動画、SNS向け動画などの制作実績が豊富なエポックルという映像制作会社です。バラエティ番組の制作も行っているこちらの会社は、タレントを起用したトレンド感のある映像の制作が非常に得意です。SNSと相性のいい「今っぽい」動画広告を作りたいという時には、ぜひ利用してみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL