AIのこれからと人間の仕事

夕日を見ているエンジニアたち

WEBニュースやテレビなどで、AI(人工知能)やIoTと言ったワードを目にする機会が増えてきましたね。
「AIやIoTの普及の話はよく聞くけど、実際自分たちの生活に浸透するのはまだ先なのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、決して遠い未来の話ではありません。
ガラケーからスマートフォンに移り変わるまでがあっという間だったように、AIやIoTの普及により私たちの生活が大きく変わる日は、近いのかもしれません。

AIのこれから

疲労を伴わず働き続けることができる機械は、大量のデータ処理や管理をすることができますが、人間のように柔軟な判断をすることができないというデメリットがありました。そのため、機械を操作・管理する人間がいてこそ機械の力を発揮することができる状態でした。
しかし、AIの発展により、機械も自らで判断する知能を身に付けるようになっています。そのため、人間が関わる仕事は、AIに切り替えられるものが増えていくと予想されています。
AI化が進む仕事は、今後も増加していくと考えられますが、そのAIを作る人、管理する人がいなくなることはありません。AI分野について知識を付けることは、将来を見据える上で良い選択と言えるでしょう。

AI関連の仕事

AIエンジニア

Pythonなどの言語を使ったAI自体の開発や、AIにデータを学習させる運用、より精度を上げるための分析を行いAIの構築をすることが主な役割となります。

AI営業・コンサルタント

AIをまだ導入していない、活用しきれていない企業に向けて、自社のAI技術を提案したり活用方法をアドバイスをしたりします。相手にいかにメリットがあるのか売り込むために、営業やコンサルタントにも、AIに関する技術や知識に精通をした人材が求められています。

AIが自分で自らを売り込むことやAIがAIを作り出すということは、今は実用段階ではないため、人間が行う仕事として今後需要の高い仕事と言えます。

AIの未来と人間の仕事

ビジネスマンの写真

これからの未来、さまざまな場面でAIと人間の代替わりが起こることが予想されます。
しかし、AIは100%万能ということはなく、人間の力を必要としている面もあることを忘れてはいけません。
変化に取り残された仕事を代替えするのではなく、変化に適応し、新しい仕事を生み出すことが重要です。新たな仕事を担える人材であれば、AIが発展した未来でも心配なく、働き続けることができます。
AI(人工知能)が学べる大学 名古屋国際工科専門職大学では、AIを生み出し運用ができる人材になるために、実践重視の体験的な学びをすることができます。
実際に企業の最前線でAIエンジニアとして働くプロから直接指導を受け、企業と連携しながら実践型でスキルを磨いていきます。そのため、卒業後は最新の知識とスキルを身に付けた即戦力として働き始めることができます。
AI化の進む社会の中で取り残されてしまうのではなく、将来を見据えAIを学び、AIと共存ができる働き方を探してみてはいかがでしょうか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL